東雲 琴音(しののめ ことね)のプロフィール

幼少の頃から、とても内向的で自信が持てない虚弱な子供でしたが、どんな時も徹底的に困った状態におちいることがなく、なぜか良い方向にものごとが運び、いつも何かに守られているような感覚を常に感じていました。
 
ある時、手にした本に守護天使様のことが書かれており、その存在を確信しました。
ことあるごとに、困った時、迷った時、無理にどうにかしようとせずに導きを待ち、それに従うようにすることで、とてもしっくりする良い方向にものごとが進んでいくことを日々体験してきました。
 
具体的な言葉としてメッセージを受け取ることができるようになったのは、20代の頃に、一人暮らしをして、いろいろなことで悩んでいるときでした。その頃は、正確なリーディングにならないこともありましたが、月日を重ねるに従い、より正確なリーディングができるようになって、何かある度に祈り、助けを求めると、その都度、守護天使様に助けていただくことができました。
 
中年期に入ると、守護天使様とコンタクトをとる力も強くなり、自分の守護天使様を通して、他の方の守護天使様のメッセージを受け取ることができるようになりました。
それまで、主婦として普通に暮らしていましたが、自分にはお役目があり、この力を多くの方のお役に立つために使うべきだと悟りました。
 
一般的には、なかなか認知しがたいと思われる部分があり、懐疑的な方も多いと思われるので、どのようにしていけばいいのか、思案しました。
そこで、まずは、自分の友人知人にお声掛けして、様々な方のリーディングを無償で行う活動をいたしました。すると、感動した、解決のヒントになった、答えが分かった、勇気が出た、などの反響を頂くことができ、周りの方からも事業化を勧められました。
 
私の守護天使様からも、多くの人に神様の意思を守護天使を通して届けることは、私の使命であり、そうすることで多くの人の魂を素晴らしい方向へ導く手助けをすることができるとのお言葉をいただき、この活動をしていこうと決心しました。
この活動を通して、一人でも多くの方が、愛と光を感じ癒やされ、次のステップへと進んで行かれることを祈っております。


東雲 琴音(しののめ ことね)名前の由来

私の守護天使様によると、私は人間として何世かに渡って人生を送ってきたのですが、さらにその前の、つまり、人間として生まれる前は、「しののめわけのみこと とまみえしのことね」という、神様に仕える者だったということです。
 
それまでは聞いたことのない言葉でしたが、実際に調べてみると、「しののめわけのみこと」とは、「東雲別命」という神様の名前であることが分かりました。
「とまみえし」は、調べても分かりませんでしたが、推測するに、役職のようで、漢字にすると「戸(門)見え司」かと思われました。
 
また、「ことね」は「琴音」の文字をあてておりますが、個人の呼び名のようです。
この「東雲別命戸(門)見え司 琴音(しののめわけのみこと とまみえしのことね)」について、もっと詳しく知りたいと思いましたが、自分でも調べても分からず、ヒントが欲しいと守護天使様に祈っていました。
 
そうしている中、よく読んでいる天使の本を何気なく開くたび、いつも同じページが開くことに気づきます。初めは気にも留めていなかったのですが、そのページに書かれている「智天使(ちてんし/ケルビム)」の「智」という字が、私の本名の漢字の一部であることに着目し、その覧を改めてよく読み直してみました。
 
そこに書かれていたのは、智天使は、エデンの園の東門を守り、「知識」「仲裁する者」という意味もあり、神に仕え、記録係を担っている。神の「聖なる計画」を実行するために、どんなことを遂行するかを考える役割もある…といった内容でした。
私の名前の文字「智」、東雲の「東」、戸(門)見えの「門」、「神に仕える」と、関連ある言葉が並び、これこそが、守護天使様が私に伝えようとされていることに違いないと、衝撃と感動を覚えました。まさに神様の「聖なる計画」を実行するためにお仕えし、神様と人との間の橋渡しをすることが、「東雲別命 戸(門)見え司 琴音」の役割であったと、私の中で解釈するに至りました。
 
そして、この人生でも、その役割は続いていることを悟り、この活動をするにあたって、東雲琴音と名乗ることにいたしました。因みに、東雲(しののめ)というのは、日本の古語で闇から光へと移行する夜明け前に、茜色に染まる空を意味する言葉で、守護天使様のメッセージを人々にお伝えしていくことを通して、私の最終使命である、愛・光・寛容・癒やし・調和・平和・活力を世界中にもたらすことで、新しい時代に移行するというビジョンにも合っていると感じております。